Daily journal written by Aya, the Ayame' socks designer
変わりゆく東ロンドン・ショーディッチ

仕事のこともちょっと書こうかなと思ったんですけど、毎回一緒なので割愛します。食べて飲んで愉快に軽口たたいて、時々真面目に商談してきました。アヤメさん、ロンドンの重要アカウントは全て開いてるし、今季は英セルフリッジ百貨店のスペシャルオーダーもやってるし、END.にもズバーンといっとります。概ね堅調でーす。

昔は治安が悪くて危険なエリアとされていた東ロンドンですが、今はすっかりトレンディでクリーンな街になりました。と言っても、日本と比較すると相変わらず汚らしくて危険は危険ですけどね。そりゃあ、私の大好きな映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998)』みたいな世界ではもはや無いですけど、基本はあんまり変わってません。週末の夜は、相変わらず道端で酔っぱらってバカ騒ぎしている人、マリファナの匂い、瓶が割れる音、パトカーのサイレン、小銭ほしがる物乞い、殆どおっぱい丸出しで洋服の意味がない格好のお姉ちゃんとか、そんなドジーさがデフォルトです。空き巣もスリもしょっちゅうみたいだし。日本と同じ調子で無防備にしてると普通に危ないですYO!

 

iPhoneImage.png

 

とは言え大きく変わったのは街のオシャレ感です。日本でも人気のCONRAN SHOPのコンラン卿がホテル・バウンダリーを東ロンドンにオープンさせたのはいつだっけな?2010年とかか?その辺りから徐々に開発されていきました。その直前の2009年にはメンズの店PRESENT LONDONが既にあったわけだから、創始者のエディはやっぱり先見の明があるんだなー。アヤメもその頃からの付き合いです。その後は状況諸々変わりましたが、今もなお商売が続いているのが奇跡というぐらいの曲者店。ちなみにアヤメさん、コンランショップも本国の本店チェルシーの店舗で取り扱いがあります。私が今までコンランで買い物した額を考えたら、しっかり売ってもらわないと。って、個人の買い物と商売はカンケー無いですけどもね。あはは。

巨大資本の元に街の開発が進むと、どうしてもインディペンデントな人達が居られなくなってしまいます。そいういう人達のチャーミングさが街に彩りを添えているんだけど、これも仕方ないんだね。家賃どんどん上がっているみたい。皆、移転だのクローズだの、そんな話ばっかでした。地主の人はそういう心配とは無縁なのですが、長く地元で商売している人達は、そういう地元の良さを失わないように今もスタイルを貫いていて、そんな姿にもじわっと胸打たれました。その場所を賃貸したら楽して儲けられるのにね。



コマーシャルストリートにある皆が集まるいつもの酒場はまさにそんな感じ。昔ながらのパブで、アッパーミドル以上の人達と労働者階級の入り口が分かれているような。今はそういう文化じゃないですけどね、でも私達はいつもローワークラス側で立ち飲みです。オーナーのサンドラは東にベースする皆のお母さん的存在なんです。ちなみにサンドラもアヤメユーザーよ。Trumanのオーナーファミリーの人とも滞在先の屋上プールやパブでよく会ったので少し話しましたが、やっぱそういうの危惧しているみたい。

そんな会話もあってか、私は今回、昔からある店ばかり行ってました。ブリックレーンのベーグルとかね、自分がまだ何もしていないでロンドンに住んでた頃から好きな場所。そこそこ粗い味で別に美味しくは無いんですけど、味覚や聴覚って、それ以上の感覚や気持ちと共にあるし、当時の自分に一瞬にして連れ戻してくれますよね。お客さん気分の滞在者だった何もしてない当時の自分と、今の自分が抱く気持ちは全然違って、何をしててもより大きな何かがこみ上げます。

 

iPhoneImage.png

 

変わりゆく街をずっと見ていて感じる物悲しさには無力ですしそういうもんだと受け入れますけど、東に集まってくる個性的な人々は昔と変わらないなと思いました。人が街を作ってるんだなー、ってホント思います。程度は違えど今も昔もけっこうデタラメです。この私が真面目過ぎてバカに見えるぐらいに。でも皆に共通してるのは個性的な人って自分が変な分、他者にも許容範囲がワイドです。良い部分と悪い部分は紙一重な事をよく分かってて、良いほうの部分を見てそれを自分にも取り入れようとするかの様です。

でも変人ばっかりだからそれなりに揉め事は絶えなくて、いっつも軽めの"意見交換"みたいな言い合いはありますけどね。最初は慣れなかったけど、今は気に入って時々参加してます。自分だけの生き方で突き進む愉快な人達との人間模様や人生模様が、なんとも人間らしくて楽しくて、そして愛らしい。きっと長くても80年ぐらいしか見られないわけだから、自分もここに何を刻むのかなー、なんて考えました。後々になって、あの時は満喫したなー、って思える瞬間がたくさんある人生だといいな。そんな風に生きたいものです。

またダラダラ書いちゃいました。笑いと謗りを交えて東の変人達の事でも書こうと思ったのに。つづく


ロンドンのこと

あっという間に9月ですかい。うどんでスカイ。平成最後の夏!なんて皆んなが言うから少しプレッシャーでしたが、日本の夏らしいことは先週末に阿波踊りに行ったぐらいです。見る阿呆として。今年はビアガーデンも行ってないし浴衣も着てないなー。まあいいか。生きてる限り夏は永遠にやってくるからね。

ロンドンのこと写真でちょっと振りかえってみます。これは今回の滞在先、ショーディッチ・ハウス。今イーストで一番イケてる場所なんだって。ここね、ロンドンぽくてよかった!ラグジュアリーというより、ヒップな感じです。会員制クラブというスタイルもイギリスだわ。メンバーの人が予約しないと泊まれないんですが、今回ワタクシ仕事仲間のエゲレス人に全部手配してもらって至れり尽くせりでした。
 



前回は1ブロック先のエースホテルに泊まっていたのですが、ロンドンの滞在なら断然ショーディッチハウスがオススメです。建物が古いし、インダストリアルな雰囲気とか、部屋のデコも古い物と新しいものが上手く混在してます。エースホテルはアメリカ系だから、ニューヨーク行く時はエースホテルに泊まるのが良いのかも。エースがロンドンにあると良さが活かされて無い気がしたかなー。

私ね、東京にいると、話題のスポットや流行りものを追っかけるミーハーな気持ちがあんまり湧き上がらないんですよね。ファッション業界に身を置く人間としては大問題です。あんまりオシャレしないし新しい土地も開拓しない。これね、多分東京が地元で、そこにずっと住んでるからなんだろうな。この街に自分が存在してるだけでワクワクしたり、やるぞー、って力が湧き上がる感じが一切ない。つまんないってわけじゃなくて。

しかし、所変わるとそうでもなくて、ことにロンドンやパリ、ニューヨークに来ると、まあまあキャピついた気持ちになるんです。話す言葉も違ったりして、違う自分が顔を出す感じ。だから、今ロンドンで一番イケてるホテルに泊まったりするんです。アホ面で通ぶって業界くさいレストランも行っちゃいます。新しい人ともどんどん交流するし、マインドが外に向かって開くのです。

ここ、なんか重要な気がしてて、上手く言えないんですが、自分も他所者になってみて分かったことが他にもいっぱいあったのです。この十数年間のことを思い返し、最近の自分の変化もよく観察し、滞在中ずっとそんなこと思ってました。かつての自分、他所から来てる人の気持ちは想像しても、深くは考えた事ないし、分かり得るわけがなかったのです。

小さなことでいうと、英語を上手く話せない時、ネイティブに笑われて胸がジクっと恥ずかしく感じたり、とかそういう心の機微。私、昔は方言で訛ってる人のこと、悪気なく笑ってたし。バカにしてんじゃなくて、その音が可愛くて、ですよ。でも笑われると、うぐっ、てなりますよねえ。この無神経さ、イギリス人もよく似てんだわ、島国の人って感じで。

そんな小さいことが沢山積み重なって、この十数年で、大きくマインドが変わったんだなーと思いました。物事の受け止め方とか発想の仕方とか、考え方ね。昔の自分、明るく朗らかに振舞ってるけど中身は全くオープンマインドじゃなかったんですけど、今は心と行動が連動してます。ずっと健やかになれなかった部分が真っ直ぐになった感じ。新しい自分だったのか、元々持ってたのかは分かりませんが。

今回一年半ぶりの渡航でしたが、起業してから11年ちょいロンドンのビジネスを続けてきたことで、自分の新しい思考回路が何本も開通して、完全に自分のものになったんだなー、と思いました。これは海外だったから、という意味もありますが、主には自分の住み慣れた地元を離れて何かにチャレンジしたから、という意味で。

とりとめなく書いてしまいましたが、感じたことを忘れたくなくて。自分メモです、すんません。イギリスの楽しく個性的な仕事仲間達は相変わらずで、そんな話も忘れないうちにまた書きまーす。

 


ロンドンから戻りました!
年々時差ボケがひどくて、帰国してすでに5日目なのに未だに復活しておりませぬ。二週間も留守にしたもんだから会社のタワーPCが死にかけてて、300通ものジャンクメールを受信した後に落ちてしまい、その後は通電せず、ワタシ真っ青になって慌てて修理に持ち込んだ次第です。加えて台風も来るわで、全く仕事モードになりませんーー。

ロンドンのこと、少しずつ書いていこうかなと思います。今回一年半ぶりだったのですが、なかなか良かったです。皆んなが私のこと相手にしたがってくれ歓迎してくれました。ひとりになる時間が無いくらいに。

ややショックだったのは英語が下手になってたことです。単語が出てこない!やっぱり幼少期に仕込んだわけじゃない人は、日々の鍛錬を怠ってはいけないね。というわけで、本日から事務所はBBCのラジオニュースを流しております。と言いつつ、本日は台風が近づいて来たのでもう帰宅しまーす。

ロンドンの写真を少し。







最後の写真、日差しが強すぎて加工無しで鈴木その子みたいになりました。イギリスは40年ぶりの猛暑らしく、涼しい夏に慣れてるエゲレス人の皆さんは辛そうでしたよ。この国、エアコン無いからねえ。日本から来た私には、湿気が無い分かなり快適でしたけどね。つづく

アヤメソックス夏季休業のお知らせ

下記の期間中、海外出張と夏季休業の為、アヤメソックス・オンラインストアの発送とアトリエショップの営業をお休みいたします。

【夏期休業】2018年7月23日(月)- 8月4日(土)

 

※ 7/20日(金)午前中まで支払の確認が取れているオーダーは、同日中に発送いたします。

※ それ以降は8/7(火)以降の発送になります。
※ 上記休業中もオーダーは受付いたしますが発送の再開は8/7(火)を予定しています。

 

よろしくお願いします!

 


ワールドカップ2018は静かに熱く盛り上がる

皆さん、ワールドカップ観てます?ワタシは今回けっこう観てます。始まるまではそうでも無かったんですけど、甲子園然り、一度見だすと楽しいですよねスポーツは。ルールもよく分かって無いし、パブリックビューイング行くとかじゃ全くないんですけど、家のテレビで静かに熱く応援しています。アイス食べながら。一昨日から決勝トーナメントも始まり、どこの国もプレイが上手過ぎて目が離せません。

自分的に大盛り上がりしたワールドカップと言えば、2006年のドイツ大会です。当時ロンドンに住んでいたので、近所のパブで友達とワイワイ観ていました。荒々しい地域のパブで観た日にゃあ、フーリガンの方々が元気いっぱい過ぎて困惑しましたが、それもまた楽しい思い出です。この年はイタリアが制しましたよねー。ワタシちょうどその時、南欧を旅しておりまして、イングランド戦はロンドンで観たし、決勝戦はナポリで観ました。安宿で知り合った知らない人達と。

面白かったのは、実況・解説やテレビのコメントがそれぞれの国民性をメチャ表してたことです。イギリスのコメンテーターって基本、辛辣な事しか言わないんですよね。褒める時も取り乱したりせず、なんか冷静なの。これは、プレミアリーグ観ててもいつも思ってました。対してイタリアはというと、基本、興奮して褒めて、失敗しても前向きなコメントしかしないんですよね。実況が「ベリッーーーーシモーーー!!!(素晴らしいーーー!!)」って叫んでるだけっていう。イタリアが優勝を決めたその日、ナポリでは一晩中、爆竹と雄叫びが鳴りやみませんでした。エアコン無しのおんぼろの安宿に泊まっていた私、窓開けていたので全く眠れませんでしたよ。笑

先日のポーランド戦について、英BBCで酷評相次ぐ、なんて記事を読みましたが、イギリスのメディアは何に対しても基本は酷評気味だから、あれで通常運転なんじゃないのかしら。普通の会話でも、常に薄っすら嫌味っぽいことチクチクいう人達よ。それを、いやそうじゃない、ああでもない、こうでもない、って他の人と話し合うのが好きな民族なんだな。言いたいこと言い終わった後は、何ってことも無く、普通の顔してます。そういうのコスモポリタンだなー、って感じた気がします。違う意見や民族、主張もするし当たり前に受け入れる、っていう意味で。

今日の日本戦、夜中の3時か〜。起きてられるんかな。でも応援するぞ。


フランスVSアルゼンチン戦、素晴らしい試合でした!


Calendar
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE


Ayame' socks

Facebookページも宣伝