Daily journal written by Aya, the Ayame' socks designer
<< ウェブサイトをリニューアルしました | main | Farrow&Ballの色に魅せられて >>
2019年とっくに始まってます
新年とっくに始まってますね。いつもどおり日が変わっただけですが、数字が変わるってのは、なんかこう、気分も変わって良いですね。新年の抱負とか、特にありません。前のめりに頑張るのはやめにしました。もういっかな、と思って。愉快に健康に生きてるだけで十分です。色々と腰が重くならないようにだけは心がけたいと思います。

今年でアヤメは13年目に突入します。この進行期の決算が3月末で閉まれば丸々12年やった事になります。29歳だった私も41歳になりました。嬉しいこともビックリすることも、ある程度慣れてきてます。でもですね、何年やっても何回経験しても、未だに12年間同じテンションで嬉しい事がありまして。

以前自宅の近所で信号待ちをしてた時、昔昔のAYAMEタイツを履いてる人を見かけたことがありました。最近またそのタイツの方を近所で見かけまして、以前と同じように愛用して下さってて、すごく嬉しかったんです。街でAYAME履いてる人を偶然見かけた時の嬉しさは、今でも慣れることはなく、12年前と全く変わらずその度に驚き、ホントに嬉しくて、今でも後ろから声をかけて、ありがとう、って言いそうになります。実際にしたことないですけどね。あはは。

どこでどう出会ったのか分かりませんが、嬉しい事です。ずっと覚えていて下さって、最近急に思い出してネットで調べて、ここ渋谷区富ヶ谷のアトリエショップに来て下さった方とか、そういうのも嬉しい。デビューコレクションを買いました、という人にも今出会ったりして。嬉し恥ずかしというか、中々マニアックですねえ、と、どんな人生観をお持ちなのか興味あります。だってデビューコレクションって、今とは比べ物にならないぐらい生産数が少なかったんですもん。シーズン計で3000足とかですよ。SKUで割ったらもっと確率は少ない。1/3000のラッキーパーソンは、何故にそれをピックアップしたのか興味あります。笑

オンラインショップ、ワールドワイド仕様にしてからというもの発送作業は大変になっていますが、google mapで郵便番号を調べるたびに私は不思議な気持ちになっています。世界は広いんだね。でも狭くも感じています。一足の靴下が色んなことを繋いで今があるんだなー。靴下デザイナーって随分とマニアックな専業ですけど、12年前、一歩踏み出してよかったなと思います。

そうそう、こないだ年末に広島で業界関係者46歳と26歳(二人とも男性)と朝の4時までグダグダ飲んでた時に、46歳が26歳に言ってました。「面白く生きたいなら若いうちに東京にも海外にも行っとけ」って。よく聞くセリフですけど、東京と海外って(笑)。理由は、多様性のある場所に出てみないと自分がどんなもんか分かんないから、ですって。私もさんせーい。私的には、国際感覚とか語学とかはハッキリ言ってどうでもよくて、ホントそうだよなー、と思いました。

人とかコトとか、多種多様なエネルギーが集まっている場所に行くと、自分がけっこう見えてくるもんです。100人の村にいたままだったら一生分からんでしょうし、自分の中に本当の自分を探しても絶対見つかりませんしね。人やコトと対峙して初めて見えてくるもんです。自分のことがよく分かってきて、それを受け入れると毎日が楽しくなってきます。最近ことにそう思います。

もちろん、何も海外行くだけがアレじゃないですけどね、多様性はあればあるほど良いと思います。今年もこの先も、自分の見知らぬ興味ある何かに遭遇した時には、腰が重くならないようにしたいなー、と思ったんです。

という訳で、今年もよろしくお願いいたしまーす。おわり




COMMENT









Trackback URL
http://ayamejournal.ayame-jp.com/trackback/1275221
TRACKBACK
Calendar
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE


Ayame' socks

Facebookページも宣伝