Daily journal written by Aya, the Ayame' socks designer
<< ヒマラヤトレッキング六日目 1/2/2015 | main | ネパール十日目 1/4/2015 最終日 >>
ネパール九日目 1/3/2015
素晴らしい6日間のトレッキングを終え、この日はカトマンズへ戻る移動日です。ローカルバスで8時間。


前の日から降り続いていた雨の影響で、カトマンズへの道は土砂崩れが多発しており、道路状況がかなり悪いようです。と言うのは、他のパーティーの英語が話せるガイドさんからの情報。

行きは晴天のバスライドだったのですが、それでも崖っ淵走行で怖い思いをしたのに、さらに土砂崩れ&崖崩れ…。この日の午前中、ローカルバスは運行を見合わせていたようです。

で、私はというと、帰りはローカルバスを使わず、プライベートジープに変更されていたのであります。ジープっつっても、TOYOTAの4WD的な、運転席と助手席の後ろに3人3人乗れるヤツです。しかも、ボロッボロ。でも少人数で、ノンストップでカトマンズに戻れます。

ちなみに荷物は屋根の上に縛り付けられての移動…

さて、何故に帰りはプライベートジープに変更になったかと言いますと、実は私、シャンブルベシ村に戻ってWIFIが繋がった瞬間、現地の旅行会社にクレーム入れてたんです。長〜いメールで、ガイドがどんだけアホでえらい目にあったかを。

この時点では「どのようにギャランティしていただけるのでしょうか?お話し合いさせて下さい。」と、メールしていただけだったので、往路のプライベートジープが旅行会社からの詫びの印だった事は、後から判明します。なぜならアホのガイド、チャンドラが私にちゃんと説明してくれないからです。

そして、崖っぷちライド。怖い!


ガッタガタの道無き砂利道をすごいスピードで爆走。車内もバウンバウン弾みまくっています。50cmそっち側はもう断崖絶壁です。


分かりますかね、この崖感?私、崖側に座っていたので、怖くて怖くて。


でも、ネパールの山々はとても幻想的。…なんですけど、そんな事を思う余裕もないくらい、手に汗にぎるアグレッシブライド!こっうぇーーー!!


しかも、今日はローカルバスが運行してないから、とか何とか言って、ジープの乗車予約をしてないネパールおばちゃんが大荷物で乗り込んできます。後部座席3人用の幅なのに、ムギュ〜とおばちゃんが無理やり入ってきました。せ、狭い。つーか、おばちゃん、他人の太ももに重なって座ってるし。

後部座席一列目に座っていたドイツ人のグループはあからさまにイヤな顔していました。手足が長いから、3人席に無理やりもう一人ムギュっと入って来られて不快だったのでしょう。


そんなこんなで、山越え谷越え雨雲をぬけたら、昼前には良い天気の場所まで移動してこれました。途中途中にチェックポイントがあります。青いカモフラユニフォームは警察、緑のカモフラは軍隊だそうです。


ランチ休憩でまたもやネパール定食のダルバートを食べてたら、天井からヤモリが降ってきました。ペトッ、てテーブルに。吸盤があるから、着地は美しかったですけどね。


そんなこんなの山道走行7時間半。


ようやくカトマンズに入ってきました。あー、怖かった。


この後、旅行会社のオフィスに直行し、ネパール人のマネージャーが何とも言えない顔でお出迎え。私のクレームメールを読んでくれたんでしょうね。

ヒマラヤトレッキングでは、旅を終えたお客さんとガイドさんに友情が芽生え、カトマンズに着いてから打ち上げに行ったりするケースもしばしばあるみたいです。が、今回の私のケースは、間逆で、終了したら、GO AWAY PLEASEどうぞお帰り下さい、という状態でした。

と言うのも、色んな人の情報を総合して再度考えてみると、今回の私のガイドさんは、やはりいいガイドだったとは言い難く(保持している資格もレベルB)、仕事に対する意識も低い感じの「若者」でした。

んで、マネージャーのスルヤさんにどんなだったか全部ぜーんぶ報告しました。証拠写真付きで。スルヤさんは、私からのメールを読んだ時点で、既にチャンドラと電話で話していたようです。

チャンドラは確かにダメなガイドな上に、叱られたら言い訳ばっかする未熟者でしたが、ウソをついたりするようなズルい人では無かったので、マネージャーのスルヤさんも私の報告した内容が嘘では無いことをすぐに理解してくれました。

てな事で、残りのカトマンズ滞在は、グレードアップされたホテルのスイートが予約されていました。この時の話し合いで、往路のジープも詫びの印だと知りました。


そして、その日の夜、スルヤさんがディナーをご馳走してくれました。けっこういい感じのレストランで。


その夜は、早めに寝ようと歩いていたら、トレッキング中に一緒だった福島の美人姉妹とバッタリ再会したので、もう一杯ご一緒して、楽しかったトレッキングの思い出を語り合いました。旅はこういう一期一会がよい。

臨場感あふれるヒマラヤ冒険譚、とても楽しく拝読しました。写真もステキですね。仕事と全く関係無い内容を立て続けに10件も書いていて笑いました。今年も良い年になりそうですね!
kz | 2015/01/07 01:41
COMMENT









Trackback URL
http://ayamejournal.ayame-jp.com/trackback/1274998
TRACKBACK
Calendar
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE


Ayame' socks

Facebookページも宣伝