Daily journal written by Aya, the Ayame' socks designer
<< ヒマラヤトレッキング三日目 12/30/2014 | main | ヒマラヤトレッキング五日目 1/1/2015元日 >>
ヒマラヤトレッキング四日目 12/31/2014 大晦日
この日は、キャンジン・リという4500mの山の頂を目指す日帰りトレッキング。

キャンジン・リはさらに高度が上がり、かなりの崖登りになるので、昨晩の内にバカガイドのチャンドラはクビにし、プロフェッショナルガイドのフルさんのパーティーに混ぜてもらう事に話をつけていました。今までのお礼も含め、フルさんには少しチップをはずませ、正式にパーティーにジョイン。

チャンドラはバカで使えないけど、決して悪いヤツではなかったので、少々心苦しくはありましたが、ここまで標高が上がって来ると、自分の身を守ることの方が優先でしたので、そうしました。

すっごい先の方にチャンドラ。自分のペースでサッサと行ってしまう。

キャンジンゴンパに着く前にも、これは最後の警告だからね、これで変わってくれなかったらクビにするかもよ、と伝えたのですが、イエス!との返答で、全く理解していないようでした。もー、泣きたい!

んで結局、申し訳ないが…と、切り出してクビを宣告し、私は今日はフルさんのパーティーに混ぜてもらうので、キミは山小屋で休んでていいよ、と伝えたのですが、You can have a restのとこだけ聞き取ったみたいで、Yeay!!ってガッツポーズしてました。…。ホント、ゲンコツで殴ろうかと思いましたけど。

で、気を取り直して、キャンジン・リへ。とんでもない崖っぷち登山で、足もすくみましたが、経験値の高いガイドさんがリードしてくれたので、パーティーの皆さんと一緒に楽しんで登れました!

どうですか、この絶景。


すごー。


あの山の向こうはチベットです。


キャンジン・リの頂で温かいお茶を。


気分はまさに、The world is mine...


ここに来るまで1300mから自分の足で登ってくるという苦行、ご飯も大して美味しくなく、シャワーも3日間以上浴びられないというワイルドな生活、しかしこの景色を見るためだったのかと思うと、山に魅せられた人の気持ちが何となく理解できました。この日は大晦日。2014年最後の素晴らしいアクティビティーとなりました。

13時過ぎにはキャンジンゴンパ村に戻り、一旦ランチ。標高4500mから下り、気分が悪くなり吐いている人や、皆がぐったりしている中、私一人全く食欲が落ちることもなくピンピンしていたので、チベタンブレッドとシェルパ族スープをいただきました。


午後からはついに下山。来た道を下るのですが、ホッとしたような寂しいような。

 

COMMENT









Trackback URL
http://ayamejournal.ayame-jp.com/trackback/1274995
TRACKBACK
Calendar
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE


Ayame' socks

Facebookページも宣伝