Daily journal written by Aya, the Ayame' socks designer
<< HAPPY NEW YEAR FROM HIMALAYA!!! | main | ヒマラヤトレッキング二日目 12/29/2014 >>
ヒマラヤトレッキング初日 12/28/2014
この日から本格的なトレッキング始まりました。

今回のランタン渓谷コースは、ヒマラヤトレッキングの中でも初心者向けのコースだそうです。標高1300mの村シャンブルベシから、ランタン渓谷最奥の村キャンジンゴンパ(4200m)を最終目的地とし、さらにキャンジン・リ(4500m)という山の頂きを目指します。

初日は標高が低いため、息がしにくい等の高山病の症状は無かったですが、アップダウンの激しい渓谷トレッキングだったので、なかなかハードでした。


谷底を少しずつ歩いて登って行くため、なかなか太陽の光を浴びる事ができません。しかし、すごい森林浴です。沢の水も透きとおっています。


お昼休憩は、途中の山小屋で。ネパールの定番、ダルバートを。


午後のトレッキングでようやく日光を浴びることができました。


緑の中を歩くのは気持ちがよく、途中途中で野生の牛などに遭遇しましたよ。


薄々思ってはいたのですが、この日、完全に気がつきました。旅行会社を通して今回私に当てがわれたネパール人ガイドのチャンドラ、英語がかなりダメで、私の言っていることをほとんど理解できていないようです。

ヒマラヤトレッキングでは、よほど登山に慣れている人以外は、現地のネパール人ガイドをつけるのが主流で、通常ガイドさんは英語か日本語を話します。今回私は、どっちでもいいけど、英語か日本語のどちらかはちゃんと話せるガイド、とオーダーしました。で、チャンドラは英語スピーカーということだったのですが、かなり意思疎通が難しく…。初日は大した問題にはならなかったのですが、標高が高くなり高山病の症状が出てきた時にはエライ目にあいました。

ま、そんなこともボチボチ更新できればと思います。笑


この人。トレッキング中、私に何回も叱られるチャンドラ。言葉の問題だけでは無く、仕事も微妙な感じ…。

この日は、ラマホテルという村に宿泊。山小屋で他のトレッカーと交流するのも楽しいです。日本人、スイス人、スペイン人、中国人などなど。


COMMENT









Trackback URL
http://ayamejournal.ayame-jp.com/trackback/1274992
TRACKBACK
Calendar
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE


Ayame' socks

Facebookページも宣伝