Daily journal written by Aya, the Ayame' socks designer
母校からの便り

先日、母校である桑沢デザイン研究所から書留が届きまして、なんとワタクシ、桑沢賞にノミネートされたとの事です!突然の知らせにビックリ&やや困惑しております。笑

 

桑沢賞は今年で26年目を迎え、過去にはインテリアデザイナーの内田繁さん、工業・建築デザイナーの吉岡徳仁さん、作家の京極夏彦さん等の錚々たる方々が受賞している名誉ある賞なのです。他にも特別賞やスピリット賞などがあり、歴代の受賞者はソラミミストの安斎肇さん、絵本作家の五味太郎さん等、さすが桑沢!という視点で選抜された個性あふれる面々です。

 

今回私は、桑沢デザイン研究所同窓会理事の方からご推薦いただいたとの事で、ノミネートされただけでも光栄な事です。長年コツコツやってきたことを認めてもらえると、嬉しくてもっとヤル気になります。という訳で、今までの作品や活動内容のポートフォリオを提出せよとの事で、只今絶賛繁忙期なのにも関わらず急遽頑張らなくてはいけなくなり、せっせと資料づくりに励んでおります。自分のバイオグラフィをちゃんと書き出したことも無かったので、よくよく振り返ってみると、けっこう色々やってきたねえ、と可笑しく思いました。受賞できるかな〜。


たまちゃんちで台北ナイトを再現!

仲良しの料理家たまちゃんの家でステキなご飯会がありました。もう5、6年前になるかな、一緒に台北旅行した時に食べた台湾の酸菜白豚鍋を家庭料理として再現してくれたのです。その時に回し読みした台湾本の著者、青木由香さんとも先日ひょんなことから知り合い、皆んな一緒に今回のご飯会と相成りました。私、青木さんの本は2冊ぐらい読んでて、想像通りの元気いっぱいスカッと快活なステキな方でした。やー、美味い!そして楽しかった!

 

たまちゃんは保存食やお弁当の書籍を出版していて、お弁当づくりのワークショップでも活躍中。旦那さんは毎日たまちゃんのお弁当で、仕事の都合によっては、朝・昼のダブルヘッダーでたま弁だそうです。夜は外食せず、ほぼ毎日家に帰って来てご飯を食べるんだって。たまには外食しておいでよ〜、って言っても絶対帰宅してたまちゃんのご飯を食べたがるんだって。なんて幸せな旦那さんなんだろう、と思いましたよ。嫁っこもらうなら絶対料理上手な人だな。絶対に!

 

↓たまちゃんの書籍はこちら↓

■ たまちゃんの夫弁当 ■ たまちゃんの保存食




Not give a f**kな人生を送るために

誕生日の贈り物で本を頂きました。NYタイムズのベストセラーです。

 

The life - Changing magic of not giving a f**k』って、自分にとってどうでもいい事に時間を取られない人生にする魔法、みたいな事ですかね。私の事を少しだけ知っている人からは、アンタ今でも十分好きなように生きてるだろ!って思われるかもしれませんが、自分的にはもっとタイトになってもいいのかもしれないと思っておりますよ。ちなみにこの本をくれた人は私から見ると、すごく自由に生きている人です。自由には責任と孤独がついてまわるので他人の物差しはカンケー無いですけどね。それこそが、Don't give a f**kな人生ですよね。うふふ。

半分ぐらい読みましたが、楽しいです。このぐらいの難しくない内容なら英語で読めます。いい香りのキャンドルはまた別な友人からの贈り物です。火を灯して寝る前に少しの読書タイムなのです。


突撃珍客の与太話を思い出し笑いする月曜日

あやめー、今週末は日本にいるのー?って連絡があったのが水曜日で、金曜日の午後にはここ渋谷区富ヶ谷のアヤメ事務所に現れたのはワタクシの古い友人です。この方ヨーロッパに住んでるけども、移動の感覚がバスに乗るかの如くです。今回は前々日に連絡くれたから早かったほうだね。仕事してたら突然窓の外から呼ばれたこともあったね。いきなりいる時もあります。

そんなわけで先週末はデタラメに楽しい日々でした。私は片付けたい事があったので自席でもくもくと仕事してましたけども。突然やって来て私がキリのいいところまで終えるまで何してんのかって、これまた上階の月影屋さんが迎え酒持参でやって来て、深夜ラジオの生放送のように呑みながら楽しそうに与太話してました。私は右の耳でそれを聞きながら仕事してたんだけど、その内容がインテリお馬鹿すぎて今思い出し笑いしてます。楽しい一週間の始まりです。


この5年間でスマホショッピングが当たり前になりましたね
ってことで、新たな10年の第一歩としてウェブサイトの大幅リニューアルに取りかかっております。

前回5年前のリニューアルでは、オンラインストアを立ち上げまして、当時はまだスマホショッピングはそんな主流でも無かったのでとりあえずはやってなかったんですが、、、5年経った今、殆どの人がスマホからアクセスしています。またまたアッと言う間に時代が変化してしまいました。でも、5年経ってもまだこのまま使いたいと思うサイトのデザイン自体は気に入っているのですがね。

今のサイトはスマホに対応していないので使いにくくてスミマセン。新しいサイトはスマホ対応が第一で、あとはグローバルショッピングサイトにも着手しております。これが結構大変で、クリアにしなくてはいけない事が山積みで、頭の中がこんがらがり気味ですが、何とか道筋は見えてきました。

私、コーディングとか難しいことは分かりませんが、今自分で勉強しながら作っていまして、これがけっこう楽しい!とんだDIY精神です。なんでも自分でやりたい病です。

ウェブサイト、ホント大事ですよねー。ドメスティックとグローバルサイトと2つ管理して運営するのは大変そうだけど、グローバルサイトのほうでは、英語でブログ書くのを楽しみにしています。このブログもやめないよ。10年もやってるからね。ブログって古典的な老舗ツールですが、私好きなんですよね。

と言うことで、色々お楽しみに。毎日遅くまでコチコチ作業してて眠いです。


2018年もよろしくお願いします!
ドドドーー・・・っとしてるうちに2017年が終わってしまい、新しい年がスタートしました。本年もどうぞよろしくお願いします。

写真で振り返ると、年末年始はこんな感じでした。適度に飲んで食べて、楽しく平和にいつも通り過ごしてました。年々、年末年始感が無くなってきているのは気のせいかしら?クリスマス感もほぼ無かったな〜。冬休みはというと、年末に大人買いしたキングダム(漫画)読んでたら三が日が終わってしまいました。でも、すごい学びでした。キングダムは秦の始皇帝の春秋戦国時代の話なんですけどね、人生の大切な教訓が詰まっています。今、超アツいです。グッときます。48巻まで出てて、やっと半分きました。

去年はAYAME10周年イヤーの節目の年でした。十年振り返ると本当に一瞬のようですが、今ある大切なものは決して一瞬では手に入らないものばかりだったなと思っています。トライ&エラーを繰り返し、その度に起き上がって。自分の一歩一歩は小さくて、その瞬間は全く進んでいる気がしなかったけど、積み重なるとこんな感じになるんだという事が分かりました。これからもこんな風に生きていけたら最高です。

2018年、AYAMEは新たな10年のスタート。正月に40歳になった私も新たな10年のスタート。これからももっと良いブランドになって行けるように頑張ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


師走細々淡々やること片づけて

ほったらかしにしていた諸々を片づけていたら今年も残り十日ちょいになってました。最近はこんな感じでした。パスポート更新するのに不備&忘れ物を連発してドジ踏む自分に半ギレしながら合計4回都庁に行ったり、近所の行きつけ花とらで白子玉子とじに感動したり、FEEDERのライブを10年ぶりに見て感動したり、交流のある元三大紙の記者さんにロングインタヴューしてもらってから彼の著書を読んで感動したり、なかなか良い日々を過ごしています。そんな感じで今年はいつまで働こうか考え中。おわり

 


三の酉に行ってきました

今年も残すところ一ヶ月です。毎年のことながら一年が早すぎて、12月に入るとビックリします。というわけで、11月の晦日は恒例の酉の市に行ってきました〜。こういう場所、活気があって大好きなんですよね。今年一年楽しく元気に仕事できたことに感謝し、来年もまた良い年になりますよう参拝してきました。以前は、浅草奥の鷲神社(おおとり神社)まで行ってたのですが最近は新宿の花園神社です。歌舞伎町のド真ン中にあるだけあって、ギラついているところがお気に入りです。今年も去年よりすこーしだけ大きい熊手に買い換えました。新宿だけに、私もなんだかスナックのママ風です。ご近所さん仲良しのバイヤーさんと同行したので、見世物小屋の横にある屋台で軽く飲んできました。テキ屋のねーちゃんはバリっとしててカッコいいなあと思いましたとさ。

 

 


Ayame10周年サテライトストア HAS DONE!
Ayamé 10周年サテライトストア「Ayamé, the sock design of a DECADE 2007-2017」大盛況のうちに無事終了いたしました!

ご来店下さった皆様、ありがとうございます。来たかったけど来れなかった方も、気にして下さってありがとうございます。今後もこうやって一度にたくさん見れる機会を作って行きたいと思います。

実は、こうやって自社主導で場所を借りてショップをするのは初めての試みでした。普段やってる期間限定ポップアップショップは小売店さんに商品を貸出す「委託販売」と言うもので、基本的には、客先主導で行われます。

ここ何シーズンかのファッション・アパレル大恐慌で、正直どーなるかなー、と思っていましたが、フタ開けてみてビックリ。2007、8年頃と同じような感覚でポンポン気持ち良いぐらいに売れていました。手前味噌でスミマセン。でも、何かを考えるキッカケにはなりましたし、毎日皆さんとお喋りする一瞬一瞬が本当に尊く、色々な事を感じ考えていました。

とにかく今回のサテライトストアは、来客数から割り出す購買率がハンパなく、8割超えておりました。カップルや二人連れ様のことを考えると、殆どの人がお買い物して下さったということになります。

結果は会場の表参道ロケットギャラリーさん史上最高記録かも?!との事で、オーナーであるキャップの親分、藤本やすしさん(業界の大御所!)も見に来て下さいました!こりゃ売れるわ〜、ってコメントを頂きまして超嬉しいです?

と言うわけで、最後まで大賑わい、有終の美を飾ることができました。ご来店下さった皆様、本当にありがとうございました。デザイナーの私、セールスのマシウ、このコンビで10年やってきました。二人とも皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。次の10年も頑張ります!


週末に行ったパーティーがロンドンぽくって楽しかった!

ロンドンの人気スタイリストのハリス・エリオットさんは私と知り合うずっと前からAYAMEのヘビーユーザーでして、共通の友人も沢山いる縁で、今ではけっこう仲良しさんです。仕事は一回もしたこと無いですけどね。そしたら先週のある日、ハリスからSNSでメッセージが来ました。今どこー?土曜日何してんのー?って、お前こそ今どこなんだよ、っていうツッコミは置いといて、インスタで動きを調べたら東京に来てるみたいで、何やら、パーティーがあるから来てよ、っていうことでした。たまたま空いてたから行ってきましたよ。たまたまね!

 

こんなこと言うのもなんですが、私、東京のファッション業界パーティーみたいなのちょっと苦手なんですよね〜。パーティーって社交の場なのに、日本って変な人に対して冷たい人多いじゃん。子供っぽいとも言うけど。でもね、このパーティーは超楽しかった!まさに東ロンドンで遊んでるみたいな気分になれました。来てたピーポーがよかったよ。ラウンジバーで隣り合わせた人と気さくに話したり、好きに飲んで踊って。会場は、話題のTRUNK(HOTEL)だったんですけど、こんな遊び場も含め、だんだんそういう文化になってきたのかな〜、とも思いました。昔のクラブ文化から進化したようなこういうオープンなソーシャライズ、浸透するといいね。

 

行ってきたパーティーはこれです。ハリスとレミがロンドンでやって話題になったんだって。(後からネット調べた)

 

PRORA TEE

 

私は事務所上階の月影屋姐さんとこんな格好で行ったので、色んな人から写真撮らせて下さいって頼まれちゃいました。大御所スタイリストのB場K介さんから、写真撮ってもいいですか?って言われた時は恐縮しましたけど。右の写真は、TRUNK HOTELで繊研タクロー連と遭遇した時に、東コレ佳境で死にかけの花ちゃんがストーリーにアップしてたやつ。笑

 


Calendar
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PROFILE


Ayame' socks

Facebookページも宣伝