Daily journal written by Aya, the Ayame' socks designer
映画『ドリス・ヴァン・ノッテン - ファブリックと花を愛する男』観てきました!

先週末は母の日でしたね。全然関係ないですけど、日曜日の夜(しかも大雨の中)映画を観てきました。ずっと観たかったんですけど、公開当初は忙しくって。で、地元の小さい映画館で始まってたので、通りすがりにフラリと立ち寄る感じで観てきました!

私、ドキュメンタリー映画好きなんですよね〜。ファッション系だとイヴ・サン=ローランの映画も興味深く好きでしたが、今回のドリスヴァンノッテンは、もっと現代に近く、自分もリアルに時代を感じられた為、だいぶ胸を打たれましたよ。冒頭でドリス本人が「Fashion is an empty word, such a empty. We create things that is appreciated for long time」っていうんですが(セリフうろ覚えですが)、ファッション関係者で、この言葉に少しも胸がジクジクしなかった人はいないんじゃないかなー。少なくとも私は自分の胸に手を当てて考えました。

字幕よりもドリス本人はもっと喋ってたと思うんですが、意訳ですが「"ファッション"って虚しい言葉だよ、半年毎に来ては去る、世間がそう扱ってしまうからね、僕らはもっと普遍的な、時が経っても別なテイストで着ることができる、長い間味わえるものを作っているんだ」って言うんです。で、「ファッション(流行)によって、(自分ではない)他の誰かに変身するような服を作っているわけでは無い、着た人の個性の一部になるような服を作っている」って。

冒頭から胸アツで、涙が出そうです。そこから本編は、ドリスの仕事風景や、ショーの舞台裏、週末のプライベート等を映し、ドイツ語圏に近い英語の訛り、ベルジアンなフランス語とか、やや暗めではあるけれど、なんとも言えない情感たっぷりの雰囲気で進んで行きます。それもそのはず、今作の音楽は、かつてドリスのショーミュージックを演ったレディオヘッドのグリンウッド兄貴が担当してます。

メゾンとしての、ドリスヴァンノッテン社の拘りやモノづくりのスピリットにも感銘を受けるのですが、やっぱり私は、デザイナーとしてのドリス本人の葛藤や胸の内に、(図々しくも)自分を投影してしまいましたよ。ドリスの何がすごいって、買収劇の激しいこのファッション業界で、独資の運営で生き残っている数少ないクチュール系のメゾンなんです。評価する人々、受け取る側にとっては、仕上がったモノが全てなので、関係の無い話かもしれませんが、これってすごい事なんです。

巨大資本の傘下でやるのとどっちが良い悪いでは無いのですが、ブランドの在り方や佇まい、芯の部分にも通ずる、すごく大事な部分だと思うんです。クリエイションと資本の相互関係を切り離して考えることはほぼ不可能で、それを色んな意味で良い形でやり切るのは本当に難しい。カオスの00年代に突入し、それでも信念を曲げずにひたすら歩き続け、尚も前進しているところに胸を打たれました。この感じ、コムデギャルソン社へ向けるリスペクトと似てるかも。

ドリスは、40代以上の世代には言わずと知れた「アントワープの6人」の一人です。私はファッションビジネスで働く人間目線では、この18年そこらしか見てませんが、6人のデザイナーそれぞれのブランドの在り方、人生悲喜交々だな、と深く考えてしまいました。ドリス、かっこいいな。この中だったら、ウォルターの生き方も良いよな、と思ったり。アントワープ・シックスの中では飛び道具だと思ってましたけどね。笑

というわけで、見逃してた人は是非!ファッションの人だけじゃなく、何かクリエイションに従事している人にも響くと思います。



直営アトリエショップ引き続きプレオープン中

先週から引き続きプレオープンしています。いつまで練習するつもりなんだ、っていうツッコミはあると思いますが、印刷物とかプレスリリースとか正式にやる前にもうちょっと予行演習したいんです。

 

******

 

AYAME SOCKS BASEMENT SHOP(※プレオープン中)

木曜:15〜20時

金曜:15〜20時

土曜:13〜19時

 

〒151-0063

東京都渋谷区富ヶ谷1-9-19

代々木公園Qビル B1A号室

 

******

 

先週4日間運転してみて、曜日と時間をやや変えてみました。平日は木・金曜で、20時迄としました。これは関東近郊にお住まいで、平日お勤めで都心通っている方が仕事帰りに立ち寄れるようにです。今時みんな忙しいから、6ピタで終業して19時までに買い物くるのは少々難しいですよね〜、ってことで、20時までにしてみました。

 

土曜は13時からとしました。これは完全に自己都合です。土曜の午前中は家事やりたいんですよ。家が荒れるとイヤなんです。じゃ、もっと早く起きろと言われそうですが、これ以上は無理なんです。

 

あと、プレオープン中に改善されたことは、ギフト包装をちゃんとしました!けっこう可愛いです。

それと、スクエアを導入したので、クレジットカードが使えるようになりました!(多分)

 

そんな感じで、相変わらず拙い感じでやってますが、来てくれた方々とお話しするのはとても楽しい時間です。インスタ見てます〜、とか、Twitterで触れてたあの事は〜、なんて話すのが楽しいです。郵便局やコンビニに行ってていない時もありますが、すぐ帰ってきますので、皆様お気軽に遊びに来て下さいねー。

 

よろしくです。

 


年度末第10期目終了
本日年度末で、弊社第10期目の決算日でした。12年前ほぼオケラ状態でロンドンから帰国し、握りしめたショボい自己資金で始めたこの会社、途中数回赤字を出したものの、山越え谷越え、これまで潰さず何とかやってこれました。

未熟な自分では理想通りに行かないことだらけの十年でしたが、その道のりはことの外楽しく、出会った人、起こったこと、気づけばかけがえの無いものがこの手に溢れています。今期はこの十年を振り返りながら、これからの未来に思いを馳せた一年でした。

というわけで、会社の決算と共に、これにてアヤメ十周年アニバーサリーイヤー終了とします。これからも頑張りますので皆様どうぞよろしくお願いします。


Ayamé直営店準備中&プレオープンのお知らせ!

予てから計画しておりましたAyamé直営店、只今絶賛準備中です。もう殆どオープン出来そうなのですが、その前に少し予行演習期間を取ることにいたしました。何しろ、事務所の軒先で仕事しながらお店しますので、どんな感じになるか自分でも想像がつかないのです。

 

Ayamé socks 直営店、プレオープン!

 

日程:2018年4月

7日(土)12.00-19.00

11日(水)15.00-19.00

12日(木)15.00-19.00

13日(金)15.00-19.00

14日(土)12.00-19.00

 

〒151-0063

東京都渋谷区富ヶ谷1-9-19

代々木公園Qビル B1A号室

 

取りあえず週4で運転してみて、どんな感じかシュミレーションして、イケそうだったら正式に開店したいと思います。プレオープン期間は、至らない点も多々あると思いますが、温かく見守っていただけましたらと思います。

 

皆様、ぜひいらして下さいね。

グランドオープンは、4月下旬大安の日どこかにします。

よろしくお願いします!

 

Ayaméデザイナー

あがおか

 


母校からの便り

先日、母校である桑沢デザイン研究所から書留が届きまして、なんとワタクシ、桑沢賞にノミネートされたとの事です!突然の知らせにビックリ&やや困惑しております。笑

 

桑沢賞は今年で26年目を迎え、過去にはインテリアデザイナーの内田繁さん、工業・建築デザイナーの吉岡徳仁さん、作家の京極夏彦さん等の錚々たる方々が受賞している名誉ある賞なのです。他にも特別賞やスピリット賞などがあり、歴代の受賞者はソラミミストの安斎肇さん、絵本作家の五味太郎さん等、さすが桑沢!という視点で選抜された個性あふれる面々です。

 

今回私は、桑沢デザイン研究所同窓会理事の方からご推薦いただいたとの事で、ノミネートされただけでも光栄な事です。長年コツコツやってきたことを認めてもらえると、嬉しくてもっとヤル気になります。という訳で、今までの作品や活動内容のポートフォリオを提出せよとの事で、只今絶賛繁忙期なのにも関わらず急遽頑張らなくてはいけなくなり、せっせと資料づくりに励んでおります。自分のバイオグラフィをちゃんと書き出したことも無かったので、よくよく振り返ってみると、けっこう色々やってきたねえ、と可笑しく思いました。受賞できるかな〜。


Calendar
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PROFILE


Ayame' socks

Facebookページも宣伝